So-net無料ブログ作成

ネット情報 5月 №3 [医療関係情報]

ネット情報 5月 №3 「医療関係情報」

<認知症医療関係情報>

*神奈川県・・医療・介護で認知症患者情報共有「連携パス」導入へ

県は医療と介護の双方の現場で、認知症患者の症状などの情報を共有する「連携パス(診療計画書)を県内全域に導入する。拠点病院・診療所を約60ケ所指定し、各地のかかりつけ医や介護事業所だのとの連携を進める。パスには症状を記した受診チエック表、認知機能テスト、画像診断検査データーが添付、情報は各機関でメールなどでやり取りし、患者も同じものを持ち歩ける。拠点病院が軸となり、中期的な治療方針を決め、重症であれば精神科専門病院を紹介、軽症であれば地域のかかりつけ医で対応してもらう。県は今秋をめどに30ケ所の拠点病院を指定、来年度中に約60ケ所に広げていきたい考えだ。
                  (5月19日朝日新聞)


関連情報
*神奈川県は認知症患者が的確な診断をうけられるよう、認知症の診察を行う医療機関の名簿を作成し、かながわ認知症コールセンター、市町村、地域包括支援センター等に配布した。
                  (msn産経ニュース4月3日)

*「サポートほっと」では神奈川県医療機関名簿及び川崎市が川崎市医師会協力のもと川崎市内の診療所と認知症診断に関するアンケート調査を実施した結果を作成したリスト(24年3月)
からサポートほっと相談者に医療機関の情報を提供しておりますのでご相談ください。

カンパニュラ.jpg

                  カンパニュラ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0