So-net無料ブログ作成

ネット情報 9月 №4  [医療関係情報]

ネット情報 9月 №4 「医療行政関連情報」

*認知症疾患医療センターに2病院 市指定 早期発見・治療促進へ

川崎市は聖マリアンナ医科大病院 日本医大武蔵小杉病院を「認知症疾患医療センター」に指定した。
同センターは国の補助事業で、専門医が高齢者を診断、早期に認知症を発見して治療方針を決める。
その後、地元のかかりつけ医等で早期に治療をして、病気の進行を遅らせる。認知症の正しい知識を普及するため、開業医や介護関係者らを対象に研修会も開く。
同センターは9月1日現在、全国173ケ所に設置されている。
(読売新聞9月13日)

参考
神奈川県には伊勢原市にある東海大学医学部付属病院と横須賀市にある国立病院機構久里浜アルコール症センター2カ所に県の認知症疾患医療センターが設置されている。
県は今後湘南東部、県央、県西にも増設を目指している。
(神奈川新聞2月23日)

相模原市は本年度中の開設に向けて準備をしている。
委託先の北里大学東病院が中核となって、専門相談だけでなく、識別診断、重度化した場合の入院先の調整にも取り組む。地域のかかりつけ医に認知症の理解を深めてもらう研修実施など、地域全体のサポート体制充実のための役割も担っていく
(神奈川新聞4月11日)


*10月5日(金)18:30~20:30 専門職向け公開講座第12回のお知らせ

主催 日本医科大学認知症センター(予定)  後援 川崎市
内容 地域ケアの実現に向けて
    認知症の早期発見と予防への取り組み~鳥取方式の紹介
    講師 鳥取大学医学部保健学科生体制御学 教授 浦上克哉氏
場所 日本医科大学武蔵小杉キャンパス南館 2階講堂
定員 50名
参加費 無料
問合せ 日本医科大学 街ぐるみ認知症相談センター [電話]044-733-2007

              酔芙蓉 朝 ⇒ 午後
酔芙蓉朝.jpg酔芙蓉午後.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0