So-net無料ブログ作成

ネット情報 1月 No. 6 [医療関係情報]

ネット情報 1月 No.6 「医療情報」

*認知症 画像で診断 15年度実用化へ 技術開発を支援
政府は認知症やうつ病などの早期診断などにつなげる新しい画像診断技術の実用化に向け、
資金支援に乗り出す方針を決めた。最先端を走る日本の研究は世界的に注目されており、政府は2015年に発足する日本版NIIH (米国の国立衛生研究所を参考に、日本の医療研究開発の司令塔として設置される政府の新組織)の目玉事業に位置付ける考えだ。画像診断技術は、日本医科大学のチームが15年度をめどに実用化を目指している。政府は日本版NIHの発足をまたず、厚生労働、文部科学、経済産業の三省が14年度当初予算案に12億7000万円の研究支援費を計上した。具体的には認知症の場合、異常なたんぱく質が脳の特定の部位にたまり、脳が損傷を受けることが主な原因とされ、PET(陽電子放射断層撮影)で異常なたんぱく質の分布などを映像化する。(読売新聞1月15日)


*アルツハイマー認知症を鑑別する診断薬を共同開発へ

住友重機械工業株式会社と日本イーライリリー株式会社は、認知症機能障害を有する患者のアルツハイマー型認知症を鑑別する検査に用いられる放射性診断薬「florbetapir(18F)注射薬」を製造する。認知機能障害のある患者にたいしてアルツハイマー型認知症もしくは他の原因によるかを鑑別するために検査を行う際に、βアミロイド・プラークの密度を測定するためのPFT脳画像診断に用いる放射性診断薬。2012年に米国で承認・発売され、2013年1がつには欧州でも承認されている。(caremanegement8月12日/13)


参考
G8認知症サミット(ネット情報12月NO3/13)の動きにみられるように,認知症対策として医薬研究が世界を挙げて取り組まれています。同医薬関連情報→ネット情報11月NO1

kamakura.jpg



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0