So-net無料ブログ作成

ネット情報 10月 No.3 在宅療養関連情報 [福祉]

ネット情報 10月 No.3 在宅療養関連情報

*在宅医療情報誌「あんしん」第3号が発行されました

在宅医療を受けながら住み慣れた自宅で暮らし続ける支援を目指す多職種連携による川崎市在宅療養推進協議会が発行する在宅情報誌「あんしん」第3号(9月)は認知症の事例を取り上げています。地域包括支援センターからのアドバイス、認知症の場合に使える主な制度・サービスの紹介、地域の支え合い活動として 私達川崎市認知症ネットワークを取り上げています。かかりつけ医を探すポイント・健康情報など身近に役立つ情報誌です。第3号は「サポートほっと」で閲覧可。「あんしん」の問合せは川崎市在宅医療サポートセンター川崎市看護協会 [電話]044-711-3995

*川崎市在宅療養推進協議会については実施主体である 市のホームページ[→]暮らし・手続き
 [→]その他[→]在宅医療介護の連携の推進のページで協議会開催、普及啓発、各区の取り組み状況等が記載されています。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
*10月16日(日) 14:00~16:30 

在宅医療市民シンポジュウム(ネット情報 9月No.6)
  ~住み慣れた市域で暮らし続けるために~

主催 川崎市在宅療養推進協議会・川崎市
会場 川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)7階大会議室
内容 基調講演
(在宅医ネットよこはま代表岡田孝弘氏)&多職種によるパネルディスカッション
 
問合・申込 川崎市看護協会 [電話] 044-711-3995

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
*10月28日(金) 13:30~15:30 

多摩区在宅療養を推進する活動「チーム・たま」第4回市民公開講座

主催  チーム・たま 多摩区医師会在宅療養委員会

テーマ 穏やかな最後を迎えるために ~終の住処、あなたなら何処に~

内容  
講演Ⅰ 地域リハビリの実践活動 半田理恵子氏 言語聴覚士、夢の湖村施設長

講演Ⅱ 若年性アルツハイマーの母と生きる  岩佐まり氏 フリーアナウンサー
                      若年グループ どんどんのお仲間です
会場  多摩市民館大ホール
入場  無料
問合せ チーム・たま [電話]044-954-1188 多摩区役所地域ケア推進担当 [電話]044-935-3241

秋 004.JPG


秋 012.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0