So-net無料ブログ作成

ネット情報 3月 No.3 啓発情報 [福祉行政情報]

ネット情報 3月 No.3 啓発情報

認知症を切り口とした川崎市ブランディングムービー「COLORS」が完成、3月14日から公開中!

スキャン_20170316 (3).jpg


●映像 下記公開中川崎市.gif
YouTube「川崎市チャンネル」
JR南武線トレインチャンネル
川崎駅アゼリアビジョン
●ストリート出演者のコメント
川崎市公式ウエブサイト
[ひらめき]フルバージョン https://www.youtube.com/watch?v=QHjAwUTJEts
[ひらめき]出演者のコメント http://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000085088.html
        
川崎市は、高齢者の5人に1人が認知症と縁があると予測される2025年が 多彩な文化、産業、自然あふれる川崎らしい「人々、モノ、街が 混ざり合い、支え合い、活躍する」社会像(「Colors,Future! いろいろって未来」)をイメージした映像を作成しました。認知症の主人公が認知症啓発イベント「RUN伴」参加中に道に迷い、街中で出会った車椅子に乗った少女や公園体操中のシニアなど様々な人々と一緒にゴールを目指す2分37秒の物語仕立てになっています。
認知症ネットワークから若年認知症グループどんどんの平山恵一氏と仲間10名が出演。

P_20170314_115836.jpg

  
3月14日の公開に先立ち、出演した平山氏が市長を表敬訪問、市長は映像作成に込めた川崎市の意図を熱弁、完成した映像を一緒に鑑賞しました。主人公の不安な表情~ゴールした時の安堵感と達成感あふれる素晴らしい笑顔に市長室は深い感動に包まれました。平山氏も真冬1月末の2日間に渡る過酷な?!撮影日の最後、まさに夕日が落ちる寸前に多摩川河川敷で仲間が待つゴールにたど
り着いた時の心情を披露されました。

P_20170314_122844_001.jpg引き続き新聞4社の取材があり、平山氏は認知症と診断された頃の様子、仕事に影響が出てきた時の苦悩を率直に語られました。異変に気付かれた夫人祐子さんが夫に寄り添いながら医療機関、生活リハビリと駆けずりまわった奮闘の日々、現実を受け止め勇気をもって新しく歩き始めたご夫妻の言葉には胸を打つ重みがありました。
わすれなぐさ.jpg
                            







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0