So-net無料ブログ作成

ネット情報 9月1日 No.1 認知症カフェ・サロン情報 [情報]

ネット情報 9月1日 No.1 認知症カフェ・サロン情報

4月の京都の国際会議で 認知症にやさしい暮らしの視点から カフェ活動報告が活発にされていました。認知症の人が自ら立ち上げたカフェ報告もあり、共に仲間、地域の人々と出会いつながる社会参加の場として期待されています。

*若年グループ「どんどん」の喫茶活動は第2日曜日13:30~15:30です

2014年7月から 特養ホーム「ラスール」で取り組んできた認知症の人が仕事としての社会参加と社会の人々とのふれあいの場でもある喫茶活動が第2火曜日から第2日曜日になりました。9月は10日です。お待ちしています!
「ラスール」1F  麻生区白山一丁目 新百合ヶ丘からバス#17,15「白山北緑地前」1分

どんどん.png


*9月6日(水)午前10時~12時
  
  多摩区認知症カフェ・地域カフェの交流会
  ~誰が認知症になっても安心して住み続けられるまちに~

場所   多摩区役所 601号
主催   丘の上カフェ実行委員会(3年前から月1三田地区でカフェ実施)
テーマ  「スタッフが少ない、場所がない、お金もない、どうすれば??」
      アドバイザー  高橋正彦氏  クリニック医療たまプラーザ医師
参加費  100円
問合せ  丘の上カフェ実行委員会 [電話]090-6314-5332 町田
        
参考
オレンジプランで打ち出されたカフェ構想、2013年からカフェ設置について財政支援があり、2014年に全国1700市町村に655か所が開設されました。新オレンジプランでは2018年度からすべての市町村に配置される認知症地域支援推進員の企画により地域の実情に応じ実施と目標新設。現状は顔の見える身近な暮らしの場では 地域包括支援センターや町会、ボランテイア等が補助金がない中、運営資金、場所、人手等様々な工夫をしてカフェ・サロンをオープン、地域の出会いの場・居場所になっています。地域に根ざした安定した運営・継続ができるには今何が必要か、認知症カフェ・多世代交流地域サロンの交流・情報交換がはじまったようです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。