So-net無料ブログ作成

年度末川崎市認知症ネットワーク定例会報告 [掲示]

ネットワーク定例会

年度末定例会3月7日(水)開催されました。IMG_20180308_093827.jpg

1部 研修ではDVD「認知症とともに生きていく」を鑑賞


2部   委員会報告の後は活動団体の報告時間を多く取り
     本年度の活動報告や課題などを参加団体全員の方に発表をお願いしました。

☆☆☆
昨年は、ネットワーク誕生から20周年をお祝いしました。
定例会での各団体の活動報告には、現在抱えている問題が発表され、ネット発足以前から活動の母体団体にも、存続の危機が迫っているなど、認知症を取り巻く環境が社会的に大きく変化していることも、一因であることが伺えます。

家族内問題だった痴呆と呼ばれていた時代から認知症に替わり、高齢社会・核家族化と共に社会問題として、クローズアップされると、家族介護から、社会的介護の時代へと移り、認知症啓発で周知され、ボランティア団体のネットワーク活動も変化して、色々な課題を抱えているのが現状です。若い世代の後継者不足や、資金不足は深刻だとの発言もありました。
しかしながら現状では 介護者サイドからの発言や体験談を発信していくことで、現在介護の真っただ中で悩んでいる方のサポーターとして、励ましの力、安らぎになっていると 相談者の方々から多くの声が届いていることを 重く受け止めて活動しているところです。
                                         ☆☆☆
IMG_20180308_093631.jpg


IMG_20180308_094027.jpg



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域