So-net無料ブログ作成

Memory of the 8th Anniversary [雑感]

川崎認知症ネットワーク ブログ開設8周年

kusudama.png


今月は開設 9年目に突入・・・開設当初はネットワーク参加団体への掲示板・お知らせで始まりましたが,認知症関連ニュースを取り上げるようになり全国の方々に閲覧いただいて、8年間で毎年10万弱のヒット数 訪問がありました。

認知症がマスコミに大々的に報じられる昨今、当ブログでは市民活動のネットワークから、市民目線での身近な情報、公的介護情報、メディアからの情報などを届けています。
これまでの閲覧に お礼と 感謝を申し上げます。
川崎市認知症ネットワークブログこれからもよろしくお願い申し上げます。
                                   ブログ管理人

スイセンノウ2.JPG



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

サポートほっと通信 [雑感]

川崎市認知症コールセンター  サポートほっと 

平成22年4月1日に桜の花便りと共に開設したコルセンター「サポートほっと」は
以来5周年となりました。
その間様々な相談が寄せられ、心に寄り添い、共感し、悩みの軽減にと・・・     微力ながら活動して早6年目に、
電話での相談、来所面談、専門医相談と 新年度の受け付けスタートします。
お気軽に相談をお寄せください。  お待ちしております。 
27年4月1日からの始動に寄せて、「ほっと」よりの発信です。

一人で悩まないで! あなたの傍に気にかけている人がいます! 地域力 UP !

                      サポートほっと
新年度4月1日.jpg 相談室4月1日.jpg
             桜 咲く 
27桜 007.JPG

             新しい芽吹き
27桜 005.JPG


           
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 3月 №3  [雑感]

ネット情報 3月 №3 「雑感」

         さまざまのこと思いだす 桜かな  芭蕉  

今年は10日も早い花だよりでしたが 大いなる自然のいとなみを実感する季節の回廊ですね
私達の活動も社会のリズムでいえば年度末、1年の活動の検証から 新年度につなげて行きたいと思っているとことです。ご縁のあった地域の方々、協力協働で支えて下さった行政、関係機関の方々、支え合ってきた会の仲間達の存在にあらためて感謝をしながら・・

振り返り アラカルト
*オレンジプランは果たして・・

認知症者が300万人を超えた! 衝撃的数字に続き 国の認知症施策として平成25年度からの認知症施策推進5ケ年計画・オレンジプランが提示されました   (ネット情報9月№2)。
早期発見と初期集中支援チーム等医療看護福祉の専門職対応、人材育成、日常生活の場で認知症の人・家族を支援する地域ケアまで7項目ですが、今後川崎市認知症施策としてどのように展開されていくのか、3月6日の認知症ネットワーク3月定例会研修では川崎市の地域ケア担当課の説明を受けました。
まだ詳細は国からおりてきていないそうですが、平成27年度~29年度までの第6期川崎市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画を平成26年度に策定するので盛り込まれてくる事でしょう。実効性のあるプランを期待したいですね。

*認知症サポーター養成講座取り組みのひろがり・・

CA3H03660001.jpg
オレンジプランの中に認知症の人・家族を支援する地域ケア構築の仕組みとして、認知症サポーター養成があります。認知症を知り地域をつくる10ケ年キャンペーンがスタートして8年、平成24年12月31日現在で全国で受講された数は390万2790人になりました(メイト81,589人)。

川崎市も早くから川崎市キャラバンメイト連絡協議会が立ち上がりメイト養成に取り組んでまいりました。24年度で500人近くのメイト、サポーターも12000人を超え、講座実施回数も今年度は3月で98回、3000人近くのサポーターの方が誕生しています。今年度の取り組みの特徴は一般住民・地域自治会の方々だけでなく、職域関連(銀行、ドラッグ、法人会、生命保険、警察署、ものづくり企業等)、学校等多彩な分野に及んだ事です。川崎市は地域見守りネットワーク事業を立ち上げ、コンビニ、LPガス、新聞販売組合等民間事業者の協力による「安心見守りねっと」の拡充をすすめていますが、そうした民間事業者からサポーター養成講座受講の動きが出てまいりました。先日コンビニを対象に寸劇を交えて講座を開催、多忙な仕事から受講生は多くはありませんでしたが、さすが接客のプロ、完璧な対応に心強い限りでした。
キャラバンメイトマスコット

CA3H03670001.jpg
2013年桜咲く
桜咲く2013.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ほっ!~と な時間に [雑感]

今年も残り少なくなってきました。
介護には休日もなく、それぞれに思いを抱えながら1年がまた過ぎようとしています
超高齢社会に突入する日本、16日(日曜)は師走の選挙投票日です。

今年3月にブログの 30万ヒットのお知らせでしたが、
多くの方々の訪問で12月には 42万ヒットの切り番お知らせとなりした。
当ブログへのご訪問ありがとうございます。 管理人 N.k
107.gif
☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
<ほっとライブラリー情報>
認知症漫画の紹介です。ほっとしたわずかな時間に・・・・・一息・・・
型苦しい説明になりがちな認知症の混乱症状などを、可笑しくもあり、切なく
描かれていて一気に読める内容です。
サポートほっと貸出をしております。

ペコロスの母に会いに行く
著者 岡野 雄一  発行所 西日本新聞社
ペコロスの母に会いに行く.png


神様がつくった病  (おばあちゃんと私の認知症物語)  
著者 杉山奈津子 発行所 角川マーケティング
男性介護者12月12日 001.png

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

Happy  Tea  Time [雑感]

季節の移りと共に咲く花々、中でもハーブは華やかな花を咲かせる種類は少ないものの、
控えめな姿の花咲くガーデンに立つと、不思議と心が落ち着くのです。
香りのせいかもしれません。
ある介護施設では入浴に、ハーブを採用したところ、穏やかに入浴される
利用者が増えたと伺ったことがあります。
この季節「がーでんら・ら・ら」ではハーブが咲き、花を風景に「ハーブカフェら・ら・ら」で
ハーブティー、焼きたてのハーブパン・・・・話にも花が咲き?・・・
青空の下で至福のひと時・・・・・・
香りは届けられませんが、可愛いい花たちの風景です。
(金・土 開店)(2010年1月16日 ブログ 冬の日の散歩道 紹介)


らららの花 006.jpg  らららの花 005.jpg

ラムズイヤ(子羊の耳)
らららの花 003.jpg
らららの花 004.jpg   
らららの花 007.jpg
らららの花 008.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

梅雨空に・・・ [雑感]

梅雨の季節 空を見上げて憂鬱になったり、反対に雨の風情もまた好し・・と思ったり・・気持ちが揺れます。そんな時水辺の花を見るのも心が  ホッ !と・・癒されするかもしれません・・。

睡蓮と蓮の花  蓮(はす)は花が水面から立ち上がって咲きます。睡蓮(すいれん)は水面に浮かんでいます。蓮の花の命は短かく、早朝に咲き午後には閉じてしまい、3日繰り返して咲くと4日目には花弁が散る花です。綺麗なピンクや純白の花・・・優しく、穏やかな気分になれそうです。  この季節近場では町田市薬師公園で鑑賞できます。

蓮の花.jpg

蓮の花 ( 水の女神とも呼ばれている。)

睡蓮の花.jpg
睡蓮の花
(葉も花も水面に浮かぶ)
☆ 2009年7月03日のニュースでは中年の独り身は認知症のリスクが高い・・
   スウェーデン・カロリンスカ研究所による研究結果が発表されている。
   又、その中で世界の認知症患者は2005年は2500万人であったが
   2040年には8110万人の予想を発表している。
   (下記のHPに詳細が)

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2617649/4328714?blog=sonet


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

記事から [雑感]

pangi.jpg
 パンジーの花

クリスマスの日 朝日新聞 天声人語に認知症のことが記事に掲載された。

「刑事コロンボ」で知られる米国の俳優ピーター・ホークさんが認知症であると報じられ、家族を見分けられない状態だとも・・・日本でも元女優 南田洋子さんのことがテレビで紹介され大きな反響を呼んだ・・・・・・老境を控えた身には他人ごとではない。著名人の余生に起きた異変に、長寿時代の定めを思う・・・・・・・・とある。

ネットワーク 「劇団SOS」のセリフに 「皆さん明日は我が身ですよ~」というのがあります。

又、記事では次のような紹介もしています。老人医療専門家、フレディ松川さんの著書「フレディの遺書」の内容、前半の「遺言」は自分が認知症になった時を思いやり家族やヘルパーへの願いをあれこれ連ねたもの、後半は医師として、介護や予防の勘所を説く。 ● 前半部分 (私の目をしっかりと見て、優しい声で話しかけたらきっとあなたが大好きになります)  (私の心が寂しい時、私が若い頃大好きだった曲を聴かせてください)・・・・中略・・・など   ● 後半の予防の中では、認知症になるのではないかと、くよくよ案じるのは良くない・・・・・友達や、散歩、活字の朗読は予防には効果的であるとも・・・・・

12月25日朝日新聞 朝刊 天声人語より

0016094059LL.jpg

   


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域