So-net無料ブログ作成
サポートほっと ブログトップ

ネット情報 6月 No.6 ほっとライブラリー通信 [サポートほっと]

ネット情報 6月 No.6 ほっとライブラリー通信

京都国際会議参加で 出会った2人の女性 ジャンヌダルクのように 人類の為に そして自分自身のために 認知症と闘い 認知症と共に生き 悩み苦しみも 喜びも愛もあるその人の生きてきた日々 明日に向かって生きている今を率直に語っている本を入手しました。
ほっとライブラリーで貸出しています。

クリステイーン・ブライデン著「私の記憶が確かなうちに」・「私は誰?」「私は私」から続く旅

46歳で前頭葉側頭葉型若年認知症となったクリステイーン、13年前の京都国際会議で認知症を持つ3人の女性(カナダ、スコットランド、オーストラリア)の講演会が行われ Nothing without us! 自分たちを抜きにして認知症の事をきめないでと 認知症の人の人間宣言は多くの人の認知症に対する認識をかえました。10数年たち67歳になったクリステイーンは 今聞いたことはすぐ忘れ、覚えられず、パートナーの声かけ、目配り、数々のサポートがなくては日常生活は成り立たないそうですが、驚異的な語彙力と長期記憶力は健在で今も文筆活動、講演活動をしながら彼女らしい日々を過ごしています。記憶が確かなうちにと 幼少期から 摂食障害、DV,子育て、政府高官として仕事の両立とストレス多かった日々の思い出、認知症に直面した時の苦しみ、将来への不安等認知症の人の内面が率直に語られています。
スキャン_20170625.jpg


藤田和子著  「認知症になっても大丈夫!」 そんな社会を創っていこうよ

13年前のクリステイーンたちの力強い人間宣言を受け 日本の認知症への取り組みはこの10年大きく変わりました。 平成27年1月に国が策定した新オレンジプラン7つの施策に認知症の人、家族の視点の重視という項目が取り入れられたことは画期的な事で、3年前に認知症の人自身で政策提言などを行おうと「日本認知症ワーキンググループ」が発足、その代表となったのが藤田和子さんです。認知症の義母の介護を体験し、自らもアルツハイマー病と診断を受け、認知症の人の視点から社会にメッセージを発信していく日々を綴っています。
スキャン_20170625 (2).jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

新年度 [サポートほっと]

川崎市認知症コールセンター サポートほっと

開設3年目になり、多くの皆様に周知され、相談コールが届くようになりました。
新年度も気軽にご相談くださいますようお待ちしております。

 月・火・木・金・日(第1・3)10時~16時
 
(木曜第2・4)10時~20時
  
第4木曜専門医相談(予約制)

j0438702.jpg  0570-0-40104 (ほっとよ~)



桜レター.jpg


桜前線の便りが届く新年度、新しい気持ちで出発の季節。
桜は日本人気質に合っているといわれますが、ぱっと咲く花、潔く散る花吹雪
新緑と、どれをとっても風情があります。

それでも介護まっただ中にいる人は、花見などそんな余裕は・・・と
認知症の方は認知機能が衰えても感情が鋭いのは理解されていますが、
春うらら近場の桜並木をゆっくりと散歩できたら
遠い昔のこと、風花にのせて想い出し、ひと時穏やかな時が過ごせるかもしれません
と同時に介護者も心の余裕が必要です、お花見絶好の季節になりました。

78746.jpg

春麗


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

NPO川崎市認知症ピアサポートセンター [サポートほっと]

活動報告・情報公開
特定非営利活動法人 川崎市認知症ピアサポートセンター

NPO22年度の報告、23年度総会も終え、4月より新年度の事業が始まりました。
川崎市より委託を受けた 川崎市認知症コールセンター 「サポートほっと」認知症相談事業は
2年目に入り、日々多くの相談が寄せられています。

NPOの事業報告等 年度報告も 所轄庁に届け出、川崎市HPで閲覧出来ます
(川崎市NPO法人一覧)
事業活動公表内容を閲覧の上、NPO法人活動に賛同し・支援していただける
個人会員・団体会員を広く募集しております。

ほっとPDF
チラシ改訂版.pdf
22年度の「サポートほっと」報告
相談傾向等報告PDF
22年度ほっと相談報告.pdf

紫陽花とまる 008.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
サポートほっと ブログトップ