So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ネット情報 8月 No.1 家族の集い報告 [福祉]

ネット情報 8月 No.1 家族の集い報告

暑中お見舞い申し上げます!asagao2.jpg

日本列島各地で50年に1度という豪雨が多大な爪痕を残し駆け抜けていきました。
被災された方々、今も避難所でご不自由な生活をされておられる方々に心よりお見舞い申し上げます。  
寝苦しい夜から、日中の酷暑、また急な雷雨と・・不安定な大気に振り回されて 健康管理がまわらなくなる認知症の方々や介護者の方が、今年の夏をなんとか切り抜けてくださることを祈る毎日です。

先週の家族の集いから・・
 
最近深刻なのは医療問題です。 年齢の高い方が多い状況では、認知症だけでなく、癌や骨折等入院や手術等を余儀なくされても、認知症があると伝えるとそれとなく断られ、手術後も点滴問題や不穏等で拘束や個室対応、中には退院を迫れたなど現状は深刻です。また超老老介護時代、介護を担う家族もペースメーカを入れていたり 糖尿病や高血圧等医療依存度の高い方が多いのです。ドラえもんの声で多くの方に愛された大山しのぶ代さんの夫俳優の砂川啓介さん介護者も尿管癌を患いながら介護、7月11日にのぶ代さんを残し亡くなられました。

6月28日に厚生労働省が平成28年度国民生活基礎調査を発表しています。

*介護が必要となった主な原因を要介護度別にみると、

要支援者では「関節疾患」 17.2%が最も多く、
要介護者では「認知症」  24・8%、「脳血管疾患」が18.4%

*主な介護者の状況では「同居」が58.7%、「事業者」が13.0%

*要介護者と同居の主介護者の組み合わせ

65歳以上同士 54.7%、
75歳以上同士 30.2%、
90歳以上要介護者と75歳以上介護者は11.3%と超老老介護。

*同居の介護者の悩み

家族の病気・介護 男性73.6%  女性76・8%
自分の病気・介護 男性33.0% 女性27.1%

家族は目の前の介護対応に必死でご自分の健康管理は後回しになりがちです。

ムラサキツユクサ.jpg



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。