So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ネット情報 5月No.1  会員情報 [情報]

ネット情報 5月No.1  会員情報

 認知症家族会「はなみずきの会」が30周年をむかえました

今年は新緑の爽やかな気候を通り過ぎ、初夏から真夏の陽気となりました。体調管理が大変なこの頃です。今から30年前昭和63年の5月、はなみずきの花が咲く頃、 麻生区で認知症家族会「はなみずきの会」が誕生しました。 介護保険制度もない、認知症の情報もなく、偏見が色濃くあった時代に 麻生区保健福祉センターで国のモデル事業として昭和61年からスタートしたデイケア・家族介護指導教室で8家族が出会いました。それぞれが紡いできた日々、価値観、暮らしぶりも違いましたが、思うようにいかない認知症介護で孤軍奮闘していた家族にとって 悩みを分かち合え、痛みをわかってくれる仲間は、親戚や兄弟以上に 心の友となりました。 

当時は介護保険制度がまだ無い時代でしたから、認知症の人と家族が一緒に参加できるように地域のボランテイアのご協力を得、 家族が懇談している間、認知症の方々のミニデイサービスを実施してきました。歌、ダンス、ゲーム、折り紙、お茶会、フラワーアレンジメント、お散歩等々、多彩なプログラムで楽しいひと時を過ごし、認知症の人も家族も 穏やかな表情を取り戻し帰路につかれるのでした。悲喜こもごも あっとの間の30年だったような気がします。
はなみずき30周年.jpg


001.jpg


♪ミニデイサービス ともに30年を歩んできた川崎区の家族会「紙ふうせんの会」
温かな心に支えられ  「お祝エールをいただきました!

                                はなみずきの会 代表

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 4月No.3  認知症の人・介護者情報 [情報]

ネット情報 4月No.3  認知症の人・介護者情報

認知症とご縁があっても お互い,さまで支えあう互助活動が 爽やかな風を届けてくれます
  あなたは 一人ではない!

男性介護者のつどい

親の介護、妻の介護 で奮闘の日々、その中で ふっと孤立感、徒労感に襲われる日があり、
弱音ははけない男性のサガ、これからどうなるのかと、不安に揺れることもあるのではないでしょうか・・・
おかれた状況はお一人お一人違いますが しばし 肩の力をぬいて 語りあう時をすごしませんか

日時  5月9日(水)13:30~15:30 

会場  サポートほっと相談室  多摩区役所隣接たけやビル2F 
             (JR南武線 登戸駅 7分 小田急線 向ヶ丘遊園駅 3分)

問合せ サポートほっと ☏0570-0-40104
      
    *5,60代の単身介護者の会もあります。
     「サポートほっと」にお問合せください。
001.jpg


002.jpg




認知症の人 本人会の集い 

かわさきいきいき長寿プラン(第7期高齢者保健福祉計画)の認知症施策に「認知症高齢者等と支援」の項目に「本人会議」という言葉が出てまいります。平成27年に策定された新オレンジプラン基本の柱に認知症の人やその家族の視点の重視が取り入れられましたが、その原動力になったのは全国の認知症の人(日本認知症ワーキンググループJDWG)の本人会議のアクションでした。昨年4月の京都国際会議でも200人近くの認知症の人が参加、会の企画、運営、進行に取り組む姿は深い感動をよびました。今各地で本人会が立ち上がっています。
川崎では認知症の人と家族、サポーターが仲間として活動している若年認知症グループ「どんどん」がありますが、昨年度から麻生区に「あさお もの忘れ 仲間の会」が毎月第2,4金曜日に集いを開催しています。身近な暮らしの場で気楽に参加できる本人会が各区に誕生するといいですね!
001.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 4月 No.2 認知症関連情報 [情報]

ネット情報 4月 No.2 認知症関連情報

かわさきいきいき長寿プラン(第7期川崎市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画)の内容を
232pにまとめた冊子が発行されました。 
認知症施策等推進は医療介護連携とともに第5章で取り上げられておりますが、生きがい・予防施策(第1章)、地域ネットワークづくり(第2章)利用者本位のサービス(第3章)居住環境の取り組み(第5章)とどれも関連してくる内容なのでじっくり読み込み、市民として他人事ではなくきちんと向き合ってゆきましょう。サポートほっと相談室資料コーナーで閲覧できます。お立ち寄りください。

7期計画.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 4月 No.1 [情報]

ネット情報 4月 No.1 認知症ネットワーク情報

花だよりが駆け足ですぎてゆきました。はや街路樹は 白やピンクのハナミズキが美しく けなげに咲いています。4月に入り「第7期かわさきいきいき長寿プラン」始動、わたくしたち川崎市認知症ネットワークも認知症になってもその人らしく「ともに生きる社会」を願い 「暮らし目線」でお互い様のピアサポートを目指し活動に取り組んでいます。

認知症啓発寸劇に15年取り組んできた「劇団SOS」の写真が川崎市社会福祉業議会機関紙春号(NO581)の表紙を 飾りました! 

IMG_20180410_0001.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 3月 No.4 講演会情報 [情報]

ネット情報 3月 No.4

人生100年時代といわれるようになりました。かつては認知症発病後は4~7年と言われてい
予後ですが、認知症の方も長寿での看取りがテーマの視点に・・


*4月25日(水)14:00~16:30  ~認知症の人の満足死をどう支えるか~

主催 認知症の人のターミナル医療・ケア研究会・NPO法人認知症ラボ
内容 講演  「認知症の人満足死とは」 石黒秀喜氏 長寿社会開発センター理事
         「満足死のための医師の役割」 高瀬義昌氏 高瀬クリニック院長
         「満足死のためのケア職の役割」 中馬三和子氏 あうん介護センター副所長
    パネルデイスカッション
         石黒氏、高瀬氏、中馬氏
         宮永和夫氏 南魚沼市病院医師
         柴田範子氏 NPO法人 楽理事長
会場 めぐろパーシモンホール  東急東横線 都立大学駅徒歩7分
定員 200名
参加費 1000円
問合せ・申込み  主催者 FAX044-330-1744  [電話]090-6796-8989

認満足死.pdf

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 2月 No.5 若年性認知症 [情報]

若年性認知症の活動の輪は全国に広がっています。

*3月1日(木)13:30~16:40  

就労継続から生きがいづくりをテーマにセミナーを開催

主催 認知症介護研究・研修大府センター
場所 有楽町朝日ホール
 
定員 600名
参加費 無料
問合せ  主催者

*3月25日(日)10:00~16:00

第9回全国若年認知症フォーラムin青森・八戸
         ~暮らしと働くを支える~

共同主催  青森県/全国若年認知症家族会・支援者連絡協議会

場所    ユートリ―大ホール 八戸地域地場振興センター
内容    若年制認知症施策の現状 厚生労働省 
      基調講演 生きがいのある生活をおくるために 
           東海林幹雄氏 弘前大学医学部医師
      
      特別講演 認知症と生きて行く理想の社会構築に向けて
           岩田 淳氏 東京大学医学部医師

問合せ 青森県寂円ん認知症総合支援センター [電話]0178-38-1360
     どんどんからも代表が参加します。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 2月 No.4 認知症啓発関連情報 [情報]

ネット情報 2月 No.4 認知症啓発関連情報

*3月3日(土)14:00~16:30  おひなさま.gif

家族が認知症になったら・・・第3回市民のための在宅医療フォーラム
       ~認知症のいろいろな対応を知ろう~

主催  川崎市麻生区在宅療養推進協議会 
場所  麻生区役所4階 第1,2会議室   小田急線新百合ケ丘駅北口徒歩2分

内容  認知症の進行具合からみたケーススタデイ
     ナビゲーター 麻生区在宅療養調整医師 あさお・百合クリニック 佐野順子氏
     プレゼンター あさお診療所、渡辺クリニック、たま日吉台病院、
            セントケア訪問看護ステーションあさお、ケアプランソーシャル、
             サポートほっと他

入場  無料  定員180名
問合せ 麻生医師会事務局 月・火・金 10:00~17:00  044-951-1871


*3月10日(土)10:00~15:00  donkey.gif
     
    映画「ペコロスの母に会いに行く」
        上映&認知症サポーター養成講座

主催  川崎医療生活協同組合 川崎協同病院 和光会 総合川崎臨港病院 後援 川崎区
協力  地域包括支援センター(桜寿園、大島中島、藤崎) 特別協力 木下の介護
会場  木下の介護ライフコミューン川崎 バス#川03,04,05 藤崎1丁目下車

内容  認知症サポ―ター認定は講習(12」10~12:50)受講と映画鑑賞が必
映画は(10:00~12:00か13:00~15:00)どちらかの時間帯で鑑賞
参加費 無料 先着100名
問合せ 川崎協同病院 044-266-2119(竹原)、川崎臨港病院 044-233-9336(日向)


*3月15日(木)13:30~16:00  

    映画「毎日がアルツハイマー2」上演と関口監督トークショー

主催  麻生区社会福祉協議会
会場  新百合21ビル地下2階多目的ホール  小田急線新百合ケ丘北口徒歩2分
定員  400名 当日先着
参加費 無料
問合せ 主催者 044-952-5500

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 1月 No.4 キャラバンメイト関連情報 [情報]

ネット情報 1月 No.4  キャラバンメイト関連情報

*1月24日(水) 13:30~15:30  中原区認知症サポーター養成講座

主催 中原区役所保健福祉センター 地域見守り支援センター
会場 中原区役所 5階502会議室
定員 80名 
申込 中原区役所地域見守り支援センター [電話]044-744-3293

*1月25日(木)13:30~15:00  幸区認知症サポーター養成講座

主催  幸区役所保健福祉センター 地域見守り支援センター
会場  幸区役所日吉出張所 2階2・3会議室
定員  30名
申込  幸区役所見守り支援センター [電話]044-556-6693

*2月3日(土) 13:00~17:10 認知症サポーターキャラバン平成29年度報告会

主催  全国キャラバンメイト連絡協議会
会場  砂防会館 別館シェーンバッハ・サポ― 千代田区平河町 地下鉄永田町駅4番歩1分 
内容  一部 29年度実践報告
    二部 北海道若年認知症の人と家族の会活動報告
         海外認知症関連取り組み最新情報
定員  1000名
参加費 無料
問合せ  主催者 [電話]03-3266-0551 担当土屋、加倉井、徳永

*3月12日(月) 川崎市認知症キャラバンメイト「フォローアップ研修
 
 会場  川崎市総合福祉センター(エポック中原) 6階研修室AB
 講師  下垣 光氏 日本社会事業大学 教授
 受講料 無料 
 定員   ABコース各30名 申込み多数の場合は抽選
 A基礎コース  9:30~12:00  シナリオによる認知症サポーター養成講座
 B 応用コース 13:30~16:00 認知症の其の人を地域で支えるための講座展開
 申込 2月16日(金)まで [電話]044-976-9001 川崎市高齢社会福祉

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 1月 No.2 啓発イベント情報 [情報]

ネット情報 1月 No.2 啓発イベント情報

1月23日 12:00~17:00  介護[黒ハート] ラブ予防いきいき大作戦
                  ~人生はつらつこれから本番!~
主催  川崎市
会場  高津市民館 大ホール&大会議室  JR南武線武蔵溝ノ口駅 3分
                     東急田園都市線 溝の口駅 4分
内容  12:00~17:00 12F 大会議室
    介護予防活動に取り組んでいる団体の活動発表パネル展示
     (認知症ネットワークもパネル展示・認知症出前相談をしています)
    
    13:00~16:45  12F 大ホール
      〇いきいきリーダー(地域の中で介護予防の重要性を伝える
       活動にとりくんでいる)による活動発表
      〇介護?予防かわさき体操の実演
      〇記念講演 講師 伊藤綾子氏 PGファッションデザイナー
          PGとはPRETTY GRANDMOTHER かわいいおばあちゃん
          おしゃれは人生に希望を与え、その人自身もその周りをも明るく
          輝かせることができる!
定員 600名 先着順 入場無料
問合せ 川崎市健康福祉局呼応令者在宅サービス課 [電話]044-200―2651
     

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 12月 No.3 啓発講演会情報 [情報]

ネット情報 12月 No.3 啓発講演会情報

師走も後半に入り 街行く人々もどこか急ぎ足、慌ただしい季節となりました。
はやくも 3月の認知症啓発情報が届きました。
申込み受け付けも始まりましたのでご案内いたします。
認知症になっても安心して暮らせるための仕組み、方法の情報提供、治療と介護にかかる費用等認知症と共に生きる生活が直面する具体的なテーマになっています。

3月10日(土)13:00~16:00 第13回 認知症市民公開講座                           「認知症とお金の話」

会場 川崎市産業振興会館ホール  川崎駅西口8分、京急川崎駅西口7分

内容 〇講演 認知症とともに暮らせる社会をつくる
    栗田 主一氏 東京都健康長寿医療研究センター研究部長
   〇パネルデイスカッション  認知症とお金の話
    栗田氏、原耕平氏(太陽生命保険株式会社)、三橋良博氏(認知症の人と家族の会)
    久々津氏(川崎市健康福祉局地域包括ケア推進室)

定員 350人 入場無料

主催 日本医科大学武蔵小杉病院、川崎市 (認知症ネットワークは後援団体です)

申込締切 2018年2月24日(2月以降順次参加証発送)
申込方法 ①はがき投函10人まで ②[電話]044-733-2007 ③FAX044-733-6688
     ④Email soudan@nms.ac.jp
問合せ  日本医科大学街ぐるみ認知症相談センター [電話]044-733-2007

001.jpg002.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。