So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
福祉行政情報 ブログトップ

ネット情報 6月 No.1 介護保険 [福祉行政情報]

ネット情報 6月 No.1 介護保険情報

介護保険利用料負担増を盛り込んだ介護保険法改正法(地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部改正)が先週5月26日の参院本会議で自民党や公明党などの賛成多数により可決、成立。介護給付は高齢化の進展により、介護保険が始まった2000年度の3倍近い10兆円超へ膨らんでいる。団塊の世代が75歳になる2025年度に今の2倍になる見通し。利用者本人の負担を増やすことで介護保険から出費を抑えると共に、安易な利用を少なくする狙い。 
                (CBnews、朝日新聞、日本経済新聞5月25、26日)
 
主な改正点
*現役世代並みの所得がある人(単身なら年340万以上)の利用料負担が、来年8月から3割に引き上げられる。約12万人とみられる。

*現役世代の介護保険料は、今年8月から20年4月にかけて収入が多い人が増える仕組みにかわる。大企業の会社員や公務員ら約1300万人が増え、中小企業の会社員らは減る見込み。

*施設の見直しでは、18年度から要介護度や医療の必要度が高い高齢者が多い療養病床を
 「介護医療院」に転換していく。

*小規模多機能型居宅介護などのサービスの普及を図るため、一定の条件を満たす場合、市町村の指定を行わない仕組み導入へ。

*住民の要介護度維持、改善などを評価、成果を上げている自治体にインセンテイブを付与する。

⇒参考 川崎市は平成26年度4月に「かわさき健康福寿プロジェクト」を設置、介護サービス提供事業者のケアにより、要介護度の維持・改善を図った場合の事業者への適正な評価をおこなうことで、維持、改善に対する取り組み意識を高め、介護保険給付費上昇の抑制を図り、無理なく安心して介護サービスを利用できるあらたな仕組みづくりを目指すことを目的に、1年間をサイクルとして、プロジェクトに参加した事業所が一定の成果を上げた場合 インセンテイブ(報奨金、認証シール等)付与する。現在第1期(平成28年7月~29年6月)が進行中なのでまだ成果はまだでていませんが、今後のデーターベースの蓄積と分析によりケアサービスの質の向上につながり、重度の認知症の人も適切なケアの提供によりQOLある生活支援の可能性に希望を持ちたい。

DSCN2854.JPG



 

ネット情報 5月 No.2 高齢者施策関連情報 [福祉行政情報]

ネット情報 5月 No.2 高齢者施策関連情報

*4月27日 第1回川崎市介護保険運営協議会と高齢者保健福祉計画策定推進委員会合同会議が開催されました。

今年度は市の高齢者施策の総合計画となる第7期かわさきいきいき長寿プラン(平成30年度~平成32年度)策定に向けて合同会議を5回開催、その基本指針の位置づけは介護保険法により第6期以降は「地域包括ケア計画」と位置づけ、2025年を見据えた地域包括ケアシステムを段階的に構築することとしています。

具体的な施策を5つの柱で展開、より専門的に検討する分科会が設置される予定です。認知症施策については 医療介護連携・認知症高齢者施策等の推進をテーマの分科会で検討を深めていく事になりました。


*平成28年度川崎市高齢者実態調査報告書が出版されました。

川崎市は第7期川崎いきいき長寿プラン策定に向けて、必要な基礎資料を得要ることを目的に高齢者の実態調査及び介護保険事業を展開する事業者の実態を平成28年10月に実施しました。3年毎に実施してきた調査ですが、今回は対象数を拡大(☆より高齢者の状態、ニーズ、事業者サービス提供の状況の把握と課題が明らかになりました)

☆ 一般高齢者調査 有効回答数      16,600通 (平成25年度 2,522通)
  要介護・要支援認定者調査        5,496通 (平成25年度 1,895通)
  特別養護老人ホームへの入所希望者調査   606通( 平成25年度 295通)
  居宅介護支援事業者調査 382事業所    居宅介護サービス事業者調査 1044事業所
  介護保険施設等調査 297施設
  329ページにわたる報告書ができあがりました。
  サポートほっとライブラリーで閲覧できます。

春.JPG

ネット情報 3月 No.3 啓発情報 [福祉行政情報]

ネット情報 3月 No.3 啓発情報

認知症を切り口とした川崎市ブランディングムービー「COLORS」が完成、3月14日から公開中!

スキャン_20170316 (3).jpg


●映像 下記公開中川崎市.gif
YouTube「川崎市チャンネル」
JR南武線トレインチャンネル
川崎駅アゼリアビジョン
●ストリート出演者のコメント
川崎市公式ウエブサイト
[ひらめき]フルバージョン https://www.youtube.com/watch?v=QHjAwUTJEts
[ひらめき]出演者のコメント http://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000085088.html
        
川崎市は、高齢者の5人に1人が認知症と縁があると予測される2025年が 多彩な文化、産業、自然あふれる川崎らしい「人々、モノ、街が 混ざり合い、支え合い、活躍する」社会像(「Colors,Future! いろいろって未来」)をイメージした映像を作成しました。認知症の主人公が認知症啓発イベント「RUN伴」参加中に道に迷い、街中で出会った車椅子に乗った少女や公園体操中のシニアなど様々な人々と一緒にゴールを目指す2分37秒の物語仕立てになっています。
認知症ネットワークから若年認知症グループどんどんの平山恵一氏と仲間10名が出演。

P_20170314_115836.jpg

  
3月14日の公開に先立ち、出演した平山氏が市長を表敬訪問、市長は映像作成に込めた川崎市の意図を熱弁、完成した映像を一緒に鑑賞しました。主人公の不安な表情~ゴールした時の安堵感と達成感あふれる素晴らしい笑顔に市長室は深い感動に包まれました。平山氏も真冬1月末の2日間に渡る過酷な?!撮影日の最後、まさに夕日が落ちる寸前に多摩川河川敷で仲間が待つゴールにたど
り着いた時の心情を披露されました。

P_20170314_122844_001.jpg引き続き新聞4社の取材があり、平山氏は認知症と診断された頃の様子、仕事に影響が出てきた時の苦悩を率直に語られました。異変に気付かれた夫人祐子さんが夫に寄り添いながら医療機関、生活リハビリと駆けずりまわった奮闘の日々、現実を受け止め勇気をもって新しく歩き始めたご夫妻の言葉には胸を打つ重みがありました。
わすれなぐさ.jpg
                            







ネット情報 6月 No.3 [福祉行政情報]

ネット情報 6月 No.3 福祉行政情報
  
*「川崎市健康福寿プロジェクト」始動!
川崎市は要介護状態になっても生活の質の向上をめざし、利用者の希望を踏まえて、要介護度やADL改善・維持にとりくむ「健幸福寿プロジェクト」(要介護度改善・維持評価事業)を平成26年度、27年度のモデル事業検証を踏まえて今年度から開始します。
 
対象者 7月1日時点で要介度1~5の認定を受けている利用者 300名 200事業所
       (参加にはケアマネジャーが申込者になります)
内容  7月1日~翌年6月30日を一サイクルとして一定の成果を上げた事業所にインセンテイブを付与
(報奨金、市長表彰、成果を上げたことを示す認証シール等検討中)
目指す効果  サービスの質の向上、職員のモチベーションアップ 、成果を上げた事業所の
          周知による知名度アップ等
記念イベント 日時 7月8日(金)午後2時~午後4時
          会場 エポック中原 3階 ホール
          プロジェクト開始宣言と 記念講演 
「心をつなぐ介護日記」 女優?洋画家 城戸真亜子氏
 問合せ  [電話]長寿社会部高齢者事業推進課介護基盤係 044-200-2454
        (市ホームページ6月3日)
認知症の人の生活支援に苦慮している福祉現場、中でも要介護1,2段階はBPSDによる生活障害の側面が強いので、目に見える評価を上げにくいと思いますが、頑張って挑戦してくれる事業所を心から応援します!(認知症ネットワーク所感)


*川崎市高齢者実態調査を今年度実施予定
現在川崎市は「第6期高齢者保健福祉計画・介護保険計画」に基づいて執行されておりますが、平成30年度から32年度までを計画期間とする第7期の計画を平成29年度に策定予定です。
策定にあたり川崎市の高齢者生活実態と介護保険事業を展開する事業者の実態等を把握し、
計画の見直しに必要な基礎資料を得ることを目的とした高齢者実態調査を10月1日に実施する予定で、6月1日に高齢者実態調査検討委員会が設置されました。


ネット情報 4月 No.4 認知症関連施策情報 [福祉行政情報]

ネット情報 4月 No.4 認知症関連施策情報
超高齢社会という大きな時代の流れにどう川崎市は向き合っていくかその指針を26年度に策定した「川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョン」と第6期川崎市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画「かわさきいきいき長寿プラン」(平成27~29年度)が製冊されました。
サポートほっと「ほっとライブラリーで閲覧・貸出できます。
001.jpg 001.jpg

ケア地域包括.jpg
策定された「地域包括ケアシステム推進ビジョン」のロードマップの第1段階は 2018年度までに、推進ビジョンの考え方の共有と、構築のために必要な資源・体制・手法等について、策定にかかわった検討協議委員会委員を主体とした「地域包括ケアシステム連絡協議会」が設置され、検討、明確化、具体的な事業展開が「図られるよう土台作りをおこないます。5月13日に第1回目の連絡協議会が開催予定。市民生活の目線で私達認知症ネットワークも連絡協議会に参加してゆきます。ご意見等お寄せ下さい。


川崎市認知症疾患医療センター [福祉行政情報]

川崎市認知症疾患医療センター

ネット情報 12月 №1  にて案内しました
聖マリアンナ医科大学病院       日本医科大学武蔵小杉病院
(メディカルサポートセンター)       (町ぐるみ認知症相談センター)  のパンフレット 掲載します 

*川崎市認知症コールセンター サポートほっと も掲載されています。

パンフレット.png パンフレット 2.png
拡大印刷可能

ネット情報 9月 №2  [福祉行政情報]

ネット情報 9月 №2 「情報」

*厚労省 オレンジプラン(認知症施策推進5ケ年計画)を公表

厚生労働省は6月18日にとりまとめた「今後の認知症施策の方向性について」
8月24日に公表した「認知症高齢者数の将来推計」(参考 ネット情報8月№4)などに基づいて、9月5日平成25年度から平成29年度までの認知症対策5ケ年計画を公表した
計画は7項目からなり在宅ケアに重点をおく内容になっている
① 標準的な認知症ケアパス(状態に応じた適切なサービス提供の流れ)の作成・普及
②早期診断・早期対処(家庭訪問を行い、アセスメント、家族支援を行う認知症初期集中支援チームのモデル事業を実施、実施状況等を検証し平成27年度以降全国普及の為の制度化を検討、早期診断等を担う医療機関を約500ケ所整備等)
③地域での生活を支える医療サービスの構築(退院支援・地域連携クリテイカルパスの作成等
④地域での生活を支える介護サービスの構築
⑤地域での日常生活・家族の支援の強化((認知症サポーターを平成24年度末350万人見込→平成29年度末600万人)(誰でも参加集う認知症カフェの普及等)
⑥若年性認知症施策の強化(支援ハンドブック作成配布、若年性認知症の人の意見交換会開催等)
⑦医療・介護サービスを担う人材育成
(www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002j8dh.html )

桔梗.jpg



ネット情報1月  №3   [福祉行政情報]

ネット情報1月  №3  「福祉行政情報」

*平成24年2月1日に多摩区・麻生区に地域包括支援センターが新設されます

川崎市では高齢者人口5000人に1ケ所を目安として地域包括支援センターを設置しており、
平成24年2月1日多摩区に「登戸地域包括支援センター」が、麻生区に「高石地域包括支援
センター」が新設されると地域包括支援センターは49ケ所になります。

多摩区→ 委託予定法人 社会福祉法人 川崎市社会福祉協議会
       開設予定地   川崎市多摩区登戸1763 ライフガーデン向ヶ丘2F(福祉パルたま)
       センター名称   登戸      [電話] 933-7055(2月1日より)
麻生区→社会福祉法人  一廣会      
       開設予定地    川崎市麻生区高石3-1-12
       センター名称   高石       [電話] 959-6020(2月1日より)
印刷用      
多摩区麻生区包括センター.jpg

にほんすいせん.jpg

福祉行政情報 ブログトップ