So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ネット情報 1月 No.4 キャラバンメイト関連情報 [情報]

ネット情報 1月 No.4  キャラバンメイト関連情報

*1月24日(水) 13:30~15:30  中原区認知症サポーター養成講座

主催 中原区役所保健福祉センター 地域見守り支援センター
会場 中原区役所 5階502会議室
定員 80名 
申込 中原区役所地域見守り支援センター [電話]044-744-3293

*1月25日(木)13:30~15:00  幸区認知症サポーター養成講座

主催  幸区役所保健福祉センター 地域見守り支援センター
会場  幸区役所日吉出張所 2階2・3会議室
定員  30名
申込  幸区役所見守り支援センター [電話]044-556-6693

*2月3日(土) 13:00~17:10 認知症サポーターキャラバン平成29年度報告会

主催  全国キャラバンメイト連絡協議会
会場  砂防会館 別館シェーンバッハ・サポ― 千代田区平河町 地下鉄永田町駅4番歩1分 
内容  一部 29年度実践報告
    二部 北海道若年認知症の人と家族の会活動報告
         海外認知症関連取り組み最新情報
定員  1000名
参加費 無料
問合せ  主催者 [電話]03-3266-0551 担当土屋、加倉井、徳永

*3月12日(月) 川崎市認知症キャラバンメイト「フォローアップ研修
 
 会場  川崎市総合福祉センター(エポック中原) 6階研修室AB
 講師  下垣 光氏 日本社会事業大学 教授
 受講料 無料 
 定員   ABコース各30名 申込み多数の場合は抽選
 A基礎コース  9:30~12:00  シナリオによる認知症サポーター養成講座
 B 応用コース 13:30~16:00 認知症の其の人を地域で支えるための講座展開
 申込 2月16日(金)まで [電話]044-976-9001 川崎市高齢社会福祉

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 1月 No.2 啓発イベント情報 [情報]

ネット情報 1月 No.2 啓発イベント情報

1月23日 12:00~17:00  介護[黒ハート] ラブ予防いきいき大作戦
                  ~人生はつらつこれから本番!~
主催  川崎市
会場  高津市民館 大ホール&大会議室  JR南武線武蔵溝ノ口駅 3分
                     東急田園都市線 溝の口駅 4分
内容  12:00~17:00 12F 大会議室
    介護予防活動に取り組んでいる団体の活動発表パネル展示
     (認知症ネットワークもパネル展示・認知症出前相談をしています)
    
    13:00~16:45  12F 大ホール
      〇いきいきリーダー(地域の中で介護予防の重要性を伝える
       活動にとりくんでいる)による活動発表
      〇介護?予防かわさき体操の実演
      〇記念講演 講師 伊藤綾子氏 PGファッションデザイナー
          PGとはPRETTY GRANDMOTHER かわいいおばあちゃん
          おしゃれは人生に希望を与え、その人自身もその周りをも明るく
          輝かせることができる!
定員 600名 先着順 入場無料
問合せ 川崎市健康福祉局呼応令者在宅サービス課 [電話]044-200―2651
     

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 1月 No.1 新年に寄せて [福祉]

ネット情報 1月 No.1 「新年に寄せて、暗闇の一灯」

 新年明けましておめでとうございます! 1月4日に認知症相談室「サポートほっと」のドアは開かれました。溜まった胸中を堰をきったように長い時間話された方、別の病気で闘病中に認知症状がでたなど、複合医療依存度が高まる長寿の現実に、押しつぶされそうなご家族の不安がひしひしと伝わってきます。ざわつく歳末から、凛とした空気の新年は 介護する方の心に ふっと孤立感がしのびよる時でもあります。暗闇の一灯になれますよう祈りつつ今年も一歩踏み出しました。

 昨年はネットワークにとってひとつの区切りの年になりました。
認知症ネットワーク結成20周年、若年グループどんどん10周年、
若年支援に立ち上がったきっかけとなった京都国際会議に13年ぶりに参加、2025年を視野に認知症になっても支え合う地域づくりのブランディングムービー「COLORS」を川崎市が製作 どんどんのご本人と認知症ネットから10名近くが女優・男優になりました!認知症啓発ムービーは昨年1年近く川崎駅アゼリアで15分毎に映像が流れました。
9月には認知症啓発イベントRUN伴で市長を先頭に180名余の老若男女が共に汗をながしました。
12月には35年に及ぶ市民活動について読売新聞取材を受け22日の全国版にでました。
小さな一歩でしたが 理解者・賛同者が年々増え、手ごたえを感じた1年でした。

スキャン_20170316 (3).jpgDSC_0913.jpg

*市の広報1月号麻生区版1面には 認知症カフェと田園調布学園大学の若い世代が連携している様子がとりあげられました。「特別養護老人ホームラスール麻生」で どんどんの活動として認知症カフェに取り組んでいる「どんどん」中川代表のコメントが掲載されました。

                         川崎市認知症ネットワーク代表 柿沼 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2018年 新年 [掲示]

  迎春

  新年を迎え 皆様のご多幸をお祈り申し上げます。
    今年もよろしくお願いいたします。

        平成30年 元旦

                    川崎市認知症ネットワーク
                    川崎市認知症コールセンター
                       「サポートほっと」

sakura.gif

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

サポートほっと 年末・年始相談 [掲示]

川崎市認知症コールセンター  サポートほっと
年末・年始 電話相談・面談受付日程のお知らせ

お休み  12月29日(金)~新年1月3日(水)

新年は1月4日 木曜日 (10:00~16:00)より 電話相談・面談を受け付けます。

ojigi_animal_inu.png介護相談の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

                         サポートほっと

牡丹.jpg
 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 12月 No.3 啓発講演会情報 [情報]

ネット情報 12月 No.3 啓発講演会情報

師走も後半に入り 街行く人々もどこか急ぎ足、慌ただしい季節となりました。
はやくも 3月の認知症啓発情報が届きました。
申込み受け付けも始まりましたのでご案内いたします。
認知症になっても安心して暮らせるための仕組み、方法の情報提供、治療と介護にかかる費用等認知症と共に生きる生活が直面する具体的なテーマになっています。

3月10日(土)13:00~16:00 第13回 認知症市民公開講座                           「認知症とお金の話」

会場 川崎市産業振興会館ホール  川崎駅西口8分、京急川崎駅西口7分

内容 〇講演 認知症とともに暮らせる社会をつくる
    栗田 主一氏 東京都健康長寿医療研究センター研究部長
   〇パネルデイスカッション  認知症とお金の話
    栗田氏、原耕平氏(太陽生命保険株式会社)、三橋良博氏(認知症の人と家族の会)
    久々津氏(川崎市健康福祉局地域包括ケア推進室)

定員 350人 入場無料

主催 日本医科大学武蔵小杉病院、川崎市 (認知症ネットワークは後援団体です)

申込締切 2018年2月24日(2月以降順次参加証発送)
申込方法 ①はがき投函10人まで ②[電話]044-733-2007 ③FAX044-733-6688
     ④Email soudan@nms.ac.jp
問合せ  日本医科大学街ぐるみ認知症相談センター [電話]044-733-2007

001.jpg002.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 12月 No.2 定例会報告 [活動報告]

ネット情報 12月 No.2 定例会報告

12月6日認知症ネットワーク定例会が開催されました。
市内から30数名の会員、仲間が集まり熱気に包まれました。
第一部の研修会は 講師にお迎えした川崎市在宅療養推進協議会在宅医療サポートセンター
須藤みちよ氏から、さまざまな職種で在宅医療・介護をささえている状況の事例を交えての説明があり、さらに誰でも訪れる人生の締めをどのように迎えたいかを元気なうちから決めて、周りの人に伝えておくこと、必要な支援や費用情報を知っておく、人とのつながりや安心して暮らせるまちづくりを考える等「老い支度」への具体的なヒントを頂きました。市内で長くサポート活動に取り組んでいる会員達も今やみんなシニア世代になっているので、切実なテーマでした。

第二部の定例会では、RUN伴、介護いきいきフェア、サポートほっと等の取り組み報告と共に、「かわさきいきいき長寿プラン」第7期策定に向けて12月1日~ パブリックコメント実施と各区で地域包括ケアシステム構築に向けての各種計画説明会開催情報の案内がありました。
国は2025年問題を視野に在宅ケア、地域包括ケアシステム推進をめざしています。
認知症になっても安心して暮らせる在宅支援の受け皿づくりは?
認知症ネットワークとしては策定に向けて様々な要望提言をしてまいりましたが、具体的に第7期プランにどのように取り組まれるのでしょうか?
第一部の研修につながりますが、「情報」を得ること、「意思」を伝える事は大切です。まだパブリックコメントのチャンスもあります!説明会も皆さん参加しましょう!

スキャン_20171208.png


IMG_20171207_082258.jpg


IMG_20171207_082224.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 12月 No.1 認知症研修情報 [研修情報]

ネット情報 12月 No.1 認知症啓発・研修情報

はや師走、インフルエンザの流行が懸念される年末、健康には気を付けて過ごされますよう。
11月は超高齢社会を想定した地域包括的街づくり、在宅療養推進等未来の共生社会を考察する
様々な講演会、介護いきいきフェア、市民・行政・多職種で取り組む啓発イベント等実りある月でした。

*12月15日(金)14:00~15:30  宮前区認知症サポーター養成講座

主催   宮前区役所保健福祉センター地域見守り支援センター
場所   宮前区役所 4階大会議室
定員   100名
内容   全国で使用されている認知症サポーター養成講座テキストを使用
申込み  主催者[電話]044-856-3240


*12月18日(月)14:00~15:30 麻生区認知症サポーターフォローアップ講座

主催   麻生区役所保健福祉センター見守り支援センター
場所   麻生区役所4F  第一会議室   
対象   今までに認知症サポーター養成講座を受講した人80名
内容   ・地域包括支援センターより認知症サポーターとは
     ・意見交換等グループワーク
申込み  主催者[電話]044-965-5160

スキャン_20171202.png

      

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

講演会の案内 [情報]

ちいたび講演会2017
若年性認知症の理解と支援の輪づくり講演会
   ~若年性認知症を地域で支える~

日 時: 2017年12月3日(日)13時30分開場、14時開演

会 場: 中野区医師会館3階会議室 (中野区中野2-27-17)
     中野駅南口下車徒歩3分

対象者: 地域の人、若年性認知症の本人・家族、かかりつけ医、
     行政関係者、地域包括支援センター職員、介護従事者など、どなたでも
資料代: 500円


<基調講演>
  どんどんの活動10年から見えてきたこと  ~川崎市での活動を通じて~
      中川 和子 氏(若年認知症グループどんどん代表)

<パネルディスカッション>
 若年性認知症を支える地域の力 ~地域連携の可能性を考える~
  
  ・来島みのり氏 (東京都多摩若年性認知症総合支援センター長)
  ・芦刈伊世子医師(中野区地域連携型認知症疾患医療センター長)
  ・介護家族会 堂迫廣二、中川和子ほか 
   座長
  ・高橋正彦医師 (クリニック医庵たまプラーザ院長、土橋カフェで活動)

  
・参加の申し込み ちいたび会事務局 :FAX03-3338-6932
                  E-mail honbu@chiitabi.jp

   ☆会場にて、ちいたび会・どんどんの作品類を展示販売します。

KIMG0477.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 11月 No.7 掲示 [掲示]

ネット情報 11月 No.7 掲示

*認知症ネットワーク定例会のお知らせ

日時 12月6日(水)13:30~16:00

会場 パルたかつ 研修室(てくのかわさき3F)JR南武線 武蔵溝の口駅5分

内容 
①研修(13:40~14:50)
 
 テーマ 「今後の地域在宅療養支援と認知症の取り組みについて」  
     講師 須藤みちよ氏  川崎市在宅医療サポートセンター コ―デイネーター
     超高齢社会進展の中で、国は看取りも視野に入れた在宅医療・介護を推進、
     認知症の方の在宅医療・介護支援の状況と課題について向き合ってみたいと思います。 
②定例会 介護いきいきフェア報告、第7期川崎市高齢者保健福祉計画、サポートほっと、
     若年グループ「どんどん」、劇団SOS活動報告、地域情報交換等

     出欠締切は12月3日(日)[電話]&FAX:044-932-0301 (サポートほっと事務所気付)
     参加者は各自飲み物を持参ください

DSCN0052.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

在宅医療講演会 [講演会情報]

~介護と在宅療養支援を考える~

麻生区地域包括ケアシステム講演会

日時  平成29年12月9日 (土) 14:00~16:00  (開場13:30)

会場  麻生区役所 4階第1会議室  入場無料

内容  介護保険制度の解説  麻生区役所高齢障害課

    認知症の基礎知識   水間 哲郎 氏 (川崎市精神科医会会長)

申込期間  11月15日(水)~12月7日(木)
申込・問い合わせ
      麻生区役所地域みまもり支援センター地域ケア推進担当
       [電話]  044(965)5303(8:30~12:00 13:00~17:00)
       Fax 044-965-5169 チラシ裏面送信票
HP:http://www.city.kawasaki.jp/asao/page/0000092232.html

[右斜め下]
[ぴかぴか(新しい)]PDF 印刷可
チラシ(相談施設等配布).pdf

001.jpg002.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

公開講座 [講座情報]

多摩区在宅療養を推進する活動  第6回市民公開講座

   チーム・たま

日時 平成29年 12月5日(火)13:30~15:45  (開場13:00)

会場 多摩市民館大ホール  入場無料

講演 「人生最期の迎え方ー平穏死のすすめ」

    石飛 幸三 氏 (特別養護老人ホーム  芦花ホーム 医師)

主催:チーム・たま 共催:多摩区医師会・多摩区役所
後援:川崎市医師会・日本医師会

問合せ チーム・たま [電話]044-954-1188  
多摩区役所地域ケア推進担当 [電話]044-935-3241

001.jpg002 (2).jpg



   


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

2017年介護いきいきフェア [報告]

介護いきいきフェア開催

2017年11月16日(木) 高津市民館にて開催されました。

川崎市認知症ネットワークでは認知症サポーター養成講座 SOS劇団による認知症の症状をわかりやすく、寸劇にして上演、そのほかに「サポートほっと」出張認知症相談、 ネットワーク会員である司法書士の相談も実施いたしました。

藤田弓子氏の講演は 元気が出る楽しい講話で、会場からも笑みが出て盛況でした。

002.jpg
 



nice!(0)  コメント(0) 

チャリティーコンサート案内 [福祉]

東日本大震災復興支援チャリティーコンサート

日時 2017年 11月23日(祝日)
   開場14:00 開演14:30

会場 川崎市黒川青少年野外活動センター
    小田急多摩線 黒川下車 徒歩3分
     [電話] 044-986-2511

出演  川崎黒川フォレスト合唱団

    クラシカルクロスオーバーユニット ドリーミング
        Singer 田島玲子 Piano 秋吉香里

    Pro Jazz Bando     
         大田昌宏バンド

入場 無料

主催 川崎市黒川東日本大震災復興支援チャリティーコンサート実行委員会
後援 川崎市/「音楽のまち・かわさき」推進協議会・川崎市黒川青少年野外活動センター

001.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

川崎黒川フォレスト合唱団 新メンバー募集

お気軽にご参加ください。お待ちしております。

練習日時 隔週日曜日 16:30~18:30
練習会場 川崎市黒川青少年野外活動センター
     小田急多摩線「黒川駅」南口下車徒歩3分
      [電話] 044-986-2511
参加費  各回300円
問合せ  bud3625masa@docomo.ne.jp (オオタ)

002.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 11月 No.2 秋の啓発講座情報 第2弾 [情報]

ネット情報 11月 No.2 秋の啓発講座情報 第2弾

*11月15日(水)10:00~12:00 中原区認知症サポーターステップアップ講座

主催  中原区役所保健福祉センター 地域みまもり支援センター
内容  「認知症の方の気持ちを理解する」 
       講師 長谷川診療所 精神科医 長谷川洋氏
     区内の認知症に関する活動団体の紹介
会場  中原区役所5階502会議室
定員  先着80名(対象 今までに認知症サポーター養成講座を受講した方)
申込み 主催者 [電話]044-744-3293 地域支援担当

 
*11月15日(水)13:30~15:00  幸区認知症サポーター養成講座

主催 幸区役所保健福祉センター地域見守り支援センター
内容 全国で使用されている「認知症サポーター養成講座」教材を使用
    修了者には使用した教材と修了したこと示すオレンジリングをプレゼント
場所 幸区役所第3,4会議室 
定員 30名
問合せ・申込み 主催者地域支援担当[電話]044-556-6693


*11月16日(木) 11:55~13:00  介護いきいきフェア

介護いきいきフェア 
主催  川崎市認知症ネットワーク、川崎市社会福祉協議会、川崎市
認知症サポーター養成講座    
    川崎市認知症ネットワーク、川崎市キャラバンメイト連絡協議会 

   修了者には講座で使用した教材と修了したこと示すオレンジリングをプレゼント
会場 高津市民館 12階 大ホール  JR武蔵溝ノ口、東急田園都市線溝の口駅下車2分 
定員 350名 当日先着順
問合せ 川崎市認知症ネットワーク [電話]044-932-0301(サポートほっと事務所気付)
    川崎市キャラバンメイト連絡協議会事務局介護いきいきフェア


008.JPG004.JPG



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報11月 No.1 研修・イベント情報 [情報]

実りの秋・学びの秋イベント・研修案内

*11月8日(水)12:00~15:00 
「認知症の人の社会共生と議題解決のための国際交流・共同研究プロジェクト」成果発表

主催 NPO法人ピープルデザイン研究所  共催 渋谷区  後援 川崎市他

内容 昨年よりスタートした日本の学生 慶応義塾大学・専修大学・青山学院大学と
   デルフト工科大学学生による認知症課題解決のための共同研究発表
   (取り組み紹介、トークセッション等)
   尚、11月16日(木)「介護いきいきフェア」で 13:10~13:40大ホールで
   プロジェクト報告とホワイエにブースが出ます。

会場 渋谷ヒカリエ8階「8/(ハチ)」会場では11月7日⇔11月13日まで超福祉体験展


*11月13日(月)14:00~16:00
地域の関係づくりの大切さを考える講演会

主催 麻生区社会福祉協議会在宅福祉サービス部会

内容 「暮らしやすい地域は一人にしてならず」
    講師 牧岡 英夫 氏  共有ひろば主催者

場所 麻生区役所 4階 第1会議室  
定員 先着100名  参加費 無料
問合せ 主催者 [電話]044-952-5500


*11月18日(土)14:00~16:00
市民自主企画事業「認知症の人を地域で支える」

主催 川崎市教育委員会菅生分館 企画運営 高齢者見守りサポーター あい

内容 コミュニティソーシャルワーカー 
   勝部麗子氏(豊中市社会福祉協議会)と考える地域での支え合い
   ~ 次の一歩のために ~

会場 菅生分館 市営バス「蔵敷」下車徒歩3分
募集 先着50名 費用 無料
申込・問合せ  主催者[電話] 044-077-4781 


コスモス.jpg




 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 10月 No.7 活動報告 [報告]

ネット情報 10月 No.7 活動報告

*10月29日(日)10:00~15:00  第28回あさお福祉まつり

秋のイベントシーズンですが、先週台風21号による<緊急避難準備>が市内各地で発令されたばかりの後、またもや台風22号が接近する大雨の中 恒例の福祉まつりが麻生区で開催されました。

毎年、車椅子の方、高齢の方々、子供たちで賑わう大イベントなので 台風到来で中止予測があった中、80団体近くが参加、雨にもめげず広場を埋め尽くすテントの数々、区役所、市民館の各会場にブースがたちました。 
若年認知症グループの「どんどん」はメンバー・家族達の手作り作品を販売、
保健福祉センターの会場では鬱、アルコール依存症、統合失調症等精神保健分野の仲間達<ASAO健康井戸端会議>と認知症啓発「サポートほっと」や11月16日の「介護いきいきフェア」をご案内、「もしかしたら 私は認知症では?」とじっくり日頃の不安を訴える 相談もよせられました。

地道な福祉活動団体が毎年一堂に会し、エールを交換、交流を深めてきた28年の歳月、お顔の見えなくなったお仲間や解散した団体を懐かしみ、後継者がいない各団体が抱えている課題を嘆き・・
雨の中ではしゃいでいる子供たちに、皆で繋いできた熱い想いを託す明日が来ることを願い!

P_20171029_100833.jpg


P_20171029_100522.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 10月 No.6 研修・イベント情報 [情報]

ネット情報 10月 No.6 研修・イベント情報

*10月31日(火)10:00~12:00  丘の上カフェ 特別企画
     「身近な人に認知症がはじまったら」
      誰が認知症になっても安心して住み続けられるまちに

主催   丘の上カフェ (認知症ネットのお仲間が関わっています)
             毎月三田地区を中心に認知症に関心ある方の交流の場です。

場所   多摩区役所 601号室(6階) 小田急線向ヶ丘遊園徒歩5分

内容   講演「身近な人に認知症がはじまったら」

講師 五島シズ先生 認知症ケアアドバイザー
具体例が豊富でとてもわかりやすいと昨年講評でした。
保健師、ケアマネジャー、見守り支支援センター、
包括支援センタースタッフも参加しますので、介護の相談もお気楽にどうぞ。

参加費  100円
定員    70名
問合せ  丘の上カフェ実行委員会 090-6314-5322 町田 080-3022-7718 安井
     多摩区保健福祉センター見守り支援センター[電話]044-935-3294


*イベントのお知らせハロウイン.gif
川崎名物  カワサキハロウインパレード 

専修大学ネットワーク情報学部認知症プロジェクトが 
地域の高齢者と参加します!! 

高齢者は車椅子参加になりますが、
川崎区内デイサービス施設の方の参加が予定されています。
見かけた方は多いに盛り上げてください[黒ハート]

日時  10月29日(日)14:30~16:00 

コース JR川崎駅東口周辺一帯1.5㎞  

カワサキハロウイン2107情報 http://lacittadella.co.jp 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

合唱団 フロイデンコーア 発表会 [活動紹介]

第15回定期コーラス発表会のご案内
フロイデンコーアとは聖マリアンナ医科大学病院に通院中の方と
その家族で結成されている合唱団です。

日時 平成29年11月14日(火)午後3時30分~

場所 聖マリアンナ医科大学医学部6階大講堂

   入場無料 

曲目 村祭り、 雪の降る街を、 夢路より、 庭の千草 他

    聖マリアンナ医科大学病院 認知症(老年精神疾患)治療研修センター
               袖長 光知穂  堀 宏治

001.jpgフロイデンコーワ.jpg 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ネット情報 10月 No.4 活動報告 [報告]

ネット情報 10月 No.4 活動報告

 認知症普及啓発講座
地域にねざした「劇団SOS」一座 今年も参上、上演いたしました。
毎年秋、川崎区田島地区では地域住民の生活圏にある医療機関、地域包括支援センターが中心となって 認知症啓発講座を開催しています。今年も10月14日(土)の午後 日本鋼管病院こうかんクリニックの1階ロビーで講座が開催されました(ネット情報9月No.7)

一部は 劇団SOS一座の寸劇上演。認知症を他人事ではなく、身近に感じて頂こうと、 
    「これって認知症? 認知症になっても大丈夫!」と題して もしや認知症?と
    思われた健吉さん、のりさんが ドクターX の受診を受け、大好きだったカラオケや
    庭いじりを再開、暮らしの場でまたいきいきとすごす様子を演じて、
    130名以上の地域の方々で一杯のロビーは笑い!で盛り上がりました。
P_20171014_134346.jpg


P_20171014_144258.jpgP_20171014_145532.jpg

二部では ドクターX を思わせる 日本鋼管病院吉井Doctor 
     生活目線でわかりやすく認知症について講話、

三部は「認知症の方と地域で暮らす!ひとりで抱え込まずに発信しましょう」テーマ
    シンポジュウム。
    両親を介護した方の体験談を受け、吉井Doctorをはじめ、病院の地域連携室担当者、
    ケアマネジャー、桜寿園地域包括支援センター、田島地区健康福祉ステーションの
    スタッフ等と共に 田島地区で30年近く活動をしている認知症家族会「紙ふうせん
    の会」井上会長らがそれぞれの立場から熱く討議されました。
    日頃から行政、医療や介護の専門機関、家族会が顔の見える関係でチームとなって地域を
    支えている息づかいが伝わってくる、素晴らしいシンポジュウムでした!

P_20171014_154132.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域